いよいよ今日から自民党総裁選挙

 いよいよ今日から自民党総裁選挙が始まります。

総裁選挙は岸田、高市、河野、野田の四氏の争いに

 昨日になって、野田聖子氏が出馬表明をし、岸田文雄氏、高市早苗氏、河野太郎氏、そして野田聖子氏の四人の争いとなりました。

これから9月29日の開票日までいろいろな動きがあることでしょう。

メディアの報道に惑わされない

 陰謀論に与するものではありませんが、メディアの報道の仕方によっても、投票行動はかなり影響されます。その意味でも、先日このブログでも取り上げた「候補者の記者会見のノーカット動画」などをじっくり見るのは非常に大事です。

脅かされる日本の安全保障

 今月15日にも北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した、という報道がありました。

 今月13日には新型長距離巡行ミサイルの発射実験に成功した、と報道され、日本全土がほぼ射程に入ったと想定されます。日本を取り巻く安全保障環境は極めて厳しいものになっています。

このような状況の中で、これからの日本をどうかじ取りしていくのか。これまで通りの停滞する日本では、これらの安全保障環境を改善することはできません。

外交力の強化のためにも経済再生が必要

 外交力を強めるには、経済力と軍事力が必要です。

 日本は軍事力を強力にして外交力を高める、という方針は採用できませんから、経済力を強化するしかありません。

 しかし、これまでの失われた30年で、その強みであった経済力は弱体化し、米国にも中国に圧倒的な差を付けられ、韓国には追い付かれようとしています。すでに一人当たりGDPでは韓国に抜かれている、という報道もあります。

韓国に1人当たりGDPを追い越されて久しい日本の浮上は可能か

日本経済再生のためには長期大型投資が必要

 今回の候補者の中で、確実に経済力を高める政策を発表しているのは、高市早苗さんです。これまでの日本で圧倒的に足りなかった長期大型投資をしっかりと行う。少なくとも、デフレ完全脱却まではプライマリーバランス黒字化目標(PB黒字化目標)を凍結して財政赤字を拡大する。

 誰かの赤字は別の誰かの黒字になりますから、政府の赤字は国民の黒字になります。政府が支出を拡大して国民に渡せば国民が豊かになり、経済は再生に向かうのです。

 岸田文雄さんも非常にいい発言をしておられますが、残念ながら財政支出拡大について、いまは国債発行を容認しているものの、理解が不十分なように思います。ただし、岸田さんが財政支出拡大に踏み切れば、新自由主義からの転換も含めて考えると、非常にいい経済政策を実行できる可能性は高いと思っています。

 経済力を高めなければ、福祉も医療も介護も教育も地方も少子化も、すべての課題の解決はできません。経済力を高めるには、「国債がデフォルトすることは考えられない」ハイパーインフレの懸念はゼロに等しい」という財務省の公式見解を活かし、財政支出の拡大(財政赤字の拡大)に踏み切るしかないのです。

 ここで消費税減税まで踏み込めれば、確実に日本経済は再生します。

 そのための大事な自民党総裁選挙。高市早苗さんへのご支援を、もし高市さんは応援できないということであれば、岸田さんへのご支援をよろしくお願いいたします。

8件のコメント

高市さんはちょっと暴走するのではないなかとの怖さがあります。
岸田さんはまだ財源論に不安があります。
今のところ高市さんが良いと思いますが、岸田さんが財源の本質を理解されれば岸田さんの方が良いのではと思っています。

一介のサラリーマンですが、先生や三橋先生の動画や書籍を読み、マクロ経済のことが少しだけわかり、消費税やプライマリーバランス規律の廃止が必要なことが理解できました。アメリカに駐在して物価と共に給与が上がる社会で生活したことも大きかったです。
しかし周りにはこう言ったことがわかる人は全くおらず大変残念です。
自らは企業人として研鑽する気概を持ち精進していますが、国が財政出動してくれないと限られたパイを削りあって生き延びている今の惨状に本当に辛くなります。
取引先の中小企業も倒産が続いており、大変です。

総裁選は高市早苗先生に勝利していただきたい。広島出身なので岸田先生にも日本に財政問題がないことを理解いただき、奮闘して欲しいです。

コメントありがとうございます。アメリカに駐在していたら、アメリカの元気さと日本の停滞の差が手に取るようにわかるでしょうね。
しかし、日本はこれが当たり前になって30年になろうとしています。慣れは怖い。
なんとか政策の大転換を実現しなくてはなりません。

ありがとうございます。その通りですね。岸田さんは、財源論さえ理解されれば、いい政治をされるのではないかと思っています。

いつも主張が一貫しており分かりやすい解説や意見有難うございます。拙いながら機会あるごとに『税は財源ではない』という事を周りに伝えるように気がけています。広島在住の個人事業者ですので、できれば人の良い岸田さんに総裁になって欲しいところです。高市さんの語り口や行動力も大好きなので、2人の決選投票になるのが理想です。安藤さんが新党を立ち上げるなら間違いなく安藤さん推しですが…笑笑
ぜひ色んな形で日本再生の一翼を担ってください。応援します📣

ありがとうございます。決選投票は高市さんと岸田さんの二人で戦ってほしいです。よろしくお願いいたします!

お金ってなんなんだろうか、最初はどのようにして普及させるのだろかなど、お金に対して多くの疑問がありましたが、ようやくおおよそ理解ができるようになりました。誰かが借金をして、使うとそのお金が世の中に行き渡り、皆の預金になるのですね。国民や企業は借金をしても返済をしなくてはならず、借金がへれば、最終的には預金が減ってしまいます。よって国民が豊かになる為には政府の借金は必要不可欠なもので、国の借金が1000兆円を超え、財政破綻するなどは明らかに嘘であり、それよりも必要な事(国土強靭化公共事業、病院、鉄道、ダム、防衛費、教育)にしっかりとお金を使う事が大切だと思います。日本は自国建ての国債が発行でき、さらに経常収支が黒字である、世界でも恵まれた国だと思います。
国土強靭化には程遠い、通学路の歩道の整備などやらなくてはならない事がたくさんあると思います。PB黒字化を凍結し、インフレ2%程度になるまでは、しっかりと国債を発行して、力強い、夢のある日本国にしてもらえるリーダーを選びたいです。
高市総理誕生に向け、私も微力ながらツイートして行きたいと思います。あんどう先生のご活躍にも期待しております。

コメントありがとうございます。
お金の本質について、広めていきたいですね。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Sorry!日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
アバター
あんどう 裕(ひろし)前・衆議院議員
慶應義塾大学経済学部卒、大手鉄道会社入社。平成9年税理士試験合格。平成10年独立し安藤裕税理士事務所を開設。平成24年12月衆議院議員総選挙により初当選。以後3期連続当選。議員連盟「 #日本の未来を考える勉強会 」前会長。税理士。